コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熔岩台地 ようがんだいちlava plateau

岩石学辞典の解説

熔岩台地

単成火山ではなく,安定な大陸の地域に特徴的に存在し,非常に厚い玄武岩質熔岩流によって構成される広大な地域をいい,割れ目または割れ目群からの噴火によるもので熔岩は極めて流動性が高いものである.一枚の熔岩流の厚さは数mから30mくらいまでであるが,長期にわたって熔岩流出が繰り返され数1 000mの厚さに達することがあり,全体の面積は数10万km2に達する[Jaggar : 1931, Macdonald : 1953].米国アリゾナ州のウイリアムス峡谷では直径120mの流出口から熔岩が流出し,22km×14kmの広がりで厚さは240mに達する熔岩台地が形成された.大規模な例ではインドのデカン高原では面積50万km2,厚さ600~1 200mの熔岩台地が形成されている.米国北西部のコロンビア川台地では面積15万km2,厚さ600~1 200mの熔岩台地が形成されている.このような熔岩台地は厚さ数mから数10m程度の熔岩が多数流出して重なり形成されたものである.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

熔岩台地の関連キーワードカレドニア型花崗岩大陸台地玄武岩ペディオニーテ台地玄武岩割れ目噴火火山裂罅霊山

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android