コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

版築 はんちく

5件 の用語解説(版築の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

版築
はんちく

土をつき固めて建物の土壇や土壁を造る方法。一般に建築する範囲の土を掘下げ,そこに別の土と,粘土あるいは小石,瓦などを交互に入れ,つき固める。中国の殷代には確実にこの工法があり,強固な基礎の上に大建築が可能となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はん‐ちく【版築】

中国式の土壇・土壁の築造法で、板枠の中に土を入れて突き固め、層を重ねてつくるもの。古代から現代まで行われている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

版築【はんちく】

中国古来の土壁,土壇の築造法。板わくの中に土を盛り,1層ずつ(きね)で突き固めていく方法。古くは(いん)代の建築基壇や代の城壁の構築に用いられている。
→関連項目臨【し】古城址

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はんちく【版築】

土を層状につき固めて建物の基壇や壁,築地塀,城壁などをつくる方法。〈ばんちく〉ともいう。中国では夯土(こうど)hāng tǔといい,三方囲いの板枠を用いて家の壁や塀に広く用いられる。最古の例は殷代早期の河南省偃師二里頭遺跡の宮殿基壇で,竜山文化期から戦国時代にかけての城壁や大墓にみられるほか,漢代から現在まで引き続き行われている。日本では古墳時代の墳墓に初めて取り入れられ,仏教建築が伝わって以降,寺院建築や都城,山城の城壁などに広く使用された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はんちく【版築】

中国の基壇や土壁の施行方法。玉石を敷いた上に粘土を棒で突き固めて重ねていく方法などがある。日本へは飛鳥時代に仏教建築とともに伝来。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の版築の言及

【社寺建築構造】より


[基壇]
 神社建築では古くは基壇を設けず,礎石もない掘立柱であったが,飛鳥時代に大陸の建築様式が伝来してからは,宮殿,仏寺などは基壇を設け,神社建築もこれにならうようになった。基壇は土を積み上げて,周囲を石で囲ったものであるが,飛鳥・奈良時代の基壇は幾重にも薄く土を盛り,突き固めつつ築いたものが多く,これを版築(はんちく)と呼ぶ。周囲の石は,切石を用いて地覆石,束石(つかいし),羽目石,葛石(かつらいし)からなる壇正積みと,自然石による乱積みがある(図4)。…

【城】より

…その最も古いものは第2次大戦後調査が進んだ河南省鄭州の殷代城壁である。鄭州では四面1720~2000mの長方形をなし,高さ10m,基部の幅15~17mの土をつき固めた(版築)大城壁が前1500年以前に存在していた。これは殷の一国都として例外的にりっぱなもので,他の集落,都市はおそらく丘陵部を借りて防衛に最も適した場所に,王侯の居城,祭祀廟などをつくり,山丘の麓に民居を広げていたであろう。…

【築地】より

…築泥(ついひじ)からの転で,字のごとく本来は練り土を積み上げて造った塀。現在知られている最も本格的なものは,1尺(約30cm)ほどの石垣積みの基礎上の両側に6~10尺ごとに須柱(すばしら)と呼ばれる柱を立て,その外面に幕板という仮枠をあててその中に練り土を入れ,棒で突き固める〈版築(はんちく)〉という手法による。柱上に簡単な小屋を組み瓦葺きとする。…

【土木技術】より

…城壁の建設は,中国の都城および一般の都市に不可欠のものであり,歴史的にもきわめて古く,殷代の鄭州城址から発掘された遺構がある()。版築と称する,土をつき固める壁体工法は古く《詩経》にもうたわれている中国の伝統的な土木技術であり,近年まで残存した数多くの明・清時代の地方城鎮もこの工法で築かれた城壁で囲まれていた。 一方,運河の建設は春秋時代にさかのぼり,以降も秦の霊渠(れいきよ)など,水路交通のための運河が各時代に開削された。…

【万里の長城】より

…このため修理されることもなく,荒れるにまかされて20世紀の前半にいたったが,中華人民共和国成立以後,整備の手が加えられ,山海関や八達嶺は観光地として内外に有名である。 古い時代の長城はもっぱら版築とよばれる工法で,土でもって築造された。両側に板を塀のように立て,上から土を入れ,杵などでつき固めていく工法である。…

※「版築」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

版築の関連キーワード基壇築地墳丘瓦の窓土釜根締め八百丹よしランマー濾床

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

版築の関連情報