コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牟岐[町] むぎ

百科事典マイペディアの解説

牟岐[町]【むぎ】

徳島県南東部,海部(かいふ)郡の町。太平洋に面し,沖の出羽(てば)島,大島などを含む。主集落は牟岐川の河口にあり,沿岸・遠洋漁業根拠地で,牟岐線が通じ室戸岬方面への交通要地。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むぎ【牟岐[町]】

徳島県南部,太平洋に臨む海部(かいふ)郡の町。人口6251(1995)。山地が多く,平地は牟岐川河口のみで,市街地は河口部に発達する。1942年徳島市との間に国鉄(現JR)牟岐線が開通し,73年には海部町まで延長された。漁業中心の町で,沿岸漁業やマグロ,カツオの遠洋漁業の基地であり,水産加工も行われる。エビ,アワビの産も多く,沖合の出羽(てば)島,大島の周辺の〈ハエ〉と呼ばれる礁は磯釣りの好適地である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

牟岐[町]の関連キーワード室戸阿南海岸国定公園

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android