コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物質構造科学研究所 ぶっしつこうぞうかがくけんきゅうじょ

3件 の用語解説(物質構造科学研究所の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

物質構造科学研究所【ぶっしつこうぞうかがくけんきゅうじょ】

大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構に所属する研究所の一つ。放射光中性子ミューオンμ粒子)といったさまざまな粒子ビームを使い,物理学や化学,生物学,工学,医学,農学など幅広い研究を行っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶっしつこうぞうかがく‐けんきゅうじょ〔ブツシツコウザウクワガクケンキウジヨ〕【物質構造科学研究所】

高エネルギー加速器による物質の構造・機能に関する実験的研究やこれに関連する理論的研究を行う大学共同利用機関高エネルギー加速器研究機構に所属。平成9年(1997)設立。茨城県つくば市に所在。物構研。IMSS(Institute of Materials Structure Science)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

物質構造科学研究所
ぶっしつこうぞうかがくけんきゅうしょ

国立大学法人法に基づいて設置された、大学共同利用機関法人エネルギー加速器研究機構(KEK)傘下の国立の研究所である。英語名はInstitute of Materials Structure Science。略称は物構研、IMSS。KEKは、加速器を用いて物質の根源・構造・機能を解明するため、国内外の研究者の共同利用・共同研究のために設立された研究機関であり当研究所はその一つである。1971年(昭和46)にKEK(当時の名称は高エネルギー物理学研究所)が創設され、さらに発展的に1997年(平成9)に当研究所が設置された。所在地は茨城県つくば市。
 高エネルギー加速器とは、電子や陽子などの粒子を光の速度近くまで加速し、高いエネルギーの状態をつくりだす装置である。加速器から発生する放射光や陽電子、 陽子加速器が生み出す中性子やミューオン(ミュオン)などの粒子を利用して、原子レベルから高分子、生体分子レベルに至るまでの幅広いスケールの物質構造と機能を総合的に研究している。またビーム生成、利用技術などの研究を通して、幅広い物質科学の発展に貢献している。たとえば九州大学大学院の角田佳充(かくたよしみつ)らは、宮崎大学の研究グループと共同でタンパク質が結合している状態の構造をビームラインを用いてX線結晶構造解析で調べ、ウイルスが侵入する仕組みを解明した。抗ウイルス薬を含めた新しい医薬品の開発が期待される。
 研究所には放射光科学研究系、中性子科学研究系、ミュオン科学研究系など研究手法ごとのグループのほかに、これらを横断的に活用する構造生物学研究センター、構造物性研究センター、計測システム開発室がある。[馬場錬成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

物質構造科学研究所の関連情報