犬山[市](読み)いぬやま

百科事典マイペディアの解説

犬山[市]【いぬやま】

愛知県北西部の市。1954年市制。西部は濃尾平野,東部は丘陵地で,北境を流れる木曾川に面して犬山城をもつ成瀬氏の城下町から発達した市街があり,名鉄犬山線,小牧線,広見線が通じる。飛騨木曾川国定公園に属する日本ライン,毎年6月〜9月までの木曾川河岸での鵜飼い,サルの生態研究を行う日本モンキーセンターのある日本モンキーパークをはじめ入鹿(いるか)池や明治村,岐阜県可児(かに)市との境に1983年開館の野外民族博物館リトルワールドをもつ観光都市である。1960年代から工業団地が造成され,プラスチック製品,金属工業などが進出し,名古屋市の衛星都市化も進む。74.90km2。7万5198人(2010)。
→関連項目小弓荘

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いぬやま【犬山[市]】

愛知県北部の市。1954年犬山町ほか4村が合体,市制。人口7万1342(1995)。濃尾平野の北東部にあり,木曾川が山岳地帯から平野部に出る渓口に発達した。尾張徳川藩の家老成瀬氏の城下町で,木曾川を見おろす丘上にそびえる犬山城(国宝)は市の代表的景勝となっている。付近一帯は飛驒木曾川国定公園に指定されており,城よりやや上流部の木曾川は日本ラインとよばれ川下りと夏の鵜飼いで知られる。犬山ラインパーク,桃太郎神社,成田山大聖寺,善光寺,野猿公園,京都大学霊長類研究所等のほか,近郊の入鹿池畔には明治時代の建物・風俗資料を展示した明治村,可児市との境に住居その他の民族資料を屋外展示した博物館リトルワールド(1983開館)がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android