コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野川台風 かのがわたいふう

7件 の用語解説(狩野川台風の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狩野川台風
かのがわたいふう

1958年9月 21日頃グアム島に発生した台風 22号 (中心最大瞬間風速 75m,半経 40kmに及ぶ風速 50mの暴風雨圏を伴う) 。この台風は 26日伊豆半島南端に上陸,神奈川県に達し,30都道府県に大被害をもたらした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

狩野川台風

1958年9月26日に伊豆半島の南端をかすめ、翌27日には東京から三陸沖に進んだ大型で猛烈な台風。南海上にあった前線を活発化させながら北上したため、伊豆半島や関東地方では大雨が降り、土砂災害や河川のはんらんが相次いだ。

(2008-09-22 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

狩野川台風【かのがわたいふう】

1958年9月26〜27日,伊豆半島南端をかすめ相模湾に上陸,東京付近から福島を経て太平洋に抜ける。台風番号5822号。狩野川がはんらん,流域一帯に大被害があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

狩野川台風

1958年の9月に発生した台風15号のこと。国際名は「イーダ(Ida)」。9月26日に日本に上陸。通過地域の静岡県、関東地方に大きな被害のもたらした。名称は、この台風により氾濫、流域で800名以上が死亡・行方不明となった伊豆半島の狩野川に由来する。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かのがわたいふう【狩野川台風】

1958年9月末に北東進してきた狩野川台風は,26日21時に伊豆半島南端をかすめ,27日0時に三浦半島に上陸して関東地方東部を縦断して北東に抜けた。上陸時は中心示度950hPaぐらいまで衰えていたが,台風接近前からこの方面に停滞していた前線の雨と合わせて東京で24時間に392.4mmという記録的な大雨を降らせ,狩野川上流部では日雨量691mmにも達した。このため東京都内も30万戸が浸水するなど被害が続出したが,特に伊豆の狩野川流域だけで死者・行方不明1000名をこえた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かのがわたいふう【狩野川台風】

1958年(昭和33)9月、伊豆半島・三浦半島に上陸し、伊豆半島・関東南部に記録的な豪雨を降らせた台風。特に伊豆の狩野川の決壊による被害が大きかった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

狩野川台風
かのがわたいふう

1958年(昭和33)の台風第22号のこと。台風の名称は決壊した狩野川からきている。9月21日にマリアナ近海で発生し、北上しながら急速に発達した。23日未明の3時から24日3時までの24時間で93ヘクトパスカル中心気圧が深まり877ヘクトパスカルまで発達したこの台風も、26日夜伊豆半島をかすめて相模(さがみ)湾から神奈川県に上陸したころには、かなり衰弱していた。しかし、台風の接近により日本の南岸沿いの前線が活発化し、伊豆半島と関東南部では記録的な豪雨となった。台風はその後東京付近を通って三陸沖へ抜けている。
 被害はおもに雨によるもので、東日本を中心に広範囲にわたった。気象庁技術報告(『気象庁技術報告第37号 狩野川台風調査報告』1963年)によると、死者・行方不明者は1157名、人的被害の大部分は、台風の通過した静岡県と関東地方で河川の増水・決壊によってもたらされた。なかでも、伊豆地方では狩野川の氾濫(はんらん)によって、死者・行方不明者が900名を超えるなど大きな被害が発生し、修善寺(しゅぜんじ)町(現、伊豆市)だけでも、死者・行方不明者は464名にのぼった。東京では26日の日降水量は393ミリメートルと気象庁開設以来の雨量となり、石神井(しゃくじい)川の堤防決壊など、随所に水害が発生し、交通網が寸断された。[饒村 曜]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

狩野川台風の関連キーワード江戸狩野狩野川京狩野狩野東進借りてきた猫アイオン台風洞爺丸台風青森県上北郡横浜町北川台氷川台

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

狩野川台風の関連情報