コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多田院 ただのいん

3件 の用語解説(多田院の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ただのいん【多田院】

兵庫県川西市にあった寺。970年多田(源)満仲が創設し、源氏の菩提所となった。現在、多田神社という。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ただのいん【多田院】

摂津国河辺郡多田(現,兵庫県川西市)にあった寺院。正しくは多田院鷹尾山法華三昧堂。現在多田神社。970年(天禄1)摂津守源満仲の創建で,その子息天台僧源賢を開山とする。本尊は丈六釈迦仏で願主は満仲,そのほか文殊(もんじゆ)菩薩は頼光,普賢(ふげん)菩薩は頼親(大和源氏の祖),四天王は頼信(河内源氏の祖)と,それぞれ満仲の子息たちが願主となっている。その前年の安和(あんな)の変で中央政界に地歩を確立した満仲は,摂津守として現地に赴任し,多田の地を根拠地に定めて多田館を建立する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

国指定史跡ガイドの解説

ただいん【多田院】


兵庫県川西市多田院にある寺院。源満仲(みなもとのみつなか)が970年(天禄1)に建立した寺で、域内には金堂・塔婆・学問所・法華堂・常行堂・御影堂が営まれて惣社六社権硯を祀り、荘厳を誇っていたが、中世後期には衰退した。江戸時代に入り、幕府は新たに本殿・拝殿・釈迦堂などを設け、多田権現の神号を受けるなど、神社としての色彩を濃くし、明治維新後に多田神社と改称。社地は当初の位置を継承し、境内は四方に石垣・堀をめぐらせたなかに、源満仲・同頼光の墓、足利尊氏の分骨の墓などが残る。源満仲の廟所として鎌倉・室町・江戸幕府の崇敬を受けた、歴史上重要な寺院であることから、1951年(昭和26)に国の史跡に指定された。本殿、拝殿、随神門は重要文化財の指定を受け、境内には宝物殿があり、源氏ゆかりの宝物を展示している。能勢電鉄妙見線多田駅から徒歩約15分。

出典|講談社
国指定史跡ガイドについて | 情報

多田院の関連キーワード天禄対テロ戦争への取り組み南アフリカ共和国バランスシート(BS)と行政コスト計算書慶応大と共立薬科大の合併地域コミュニティ税長崎空港レクサス県内の出征兵士アズハル大学

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

多田院の関連情報