理気(読み)リキ

百科事典マイペディアの解説

理気【りき】

中国,宋代の儒家宇宙観。宇宙万物はみな陰陽交錯によって生ずるが,陰陽は気であり,気は万物の形をなす質料である,陰陽を交錯させる原因が理で,宇宙万物生成の原理であるという。程頤伊川)が古来の気の哲学に理を加え,朱熹朱子)により大成された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

りき【理気】

宋学の用語。宇宙の存在原理・道徳規範としての理と、物質・現象としての気。 →

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android