コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瓜生堂遺跡 うりゅうどういせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瓜生堂遺跡
うりゅうどういせき

大阪府東大阪市瓜生堂にある弥生時代前期から中期にかけての大規模な集落址。住居,墳墓水田址などが発見され,銅戈やその石製鋳型,銅鐸形土製品など珍しい遺物も発見された。さらに当時の人間の足跡も発見されるなど話題を呼んだ遺跡である。報告書は『瓜生堂』として,大阪文化財センターから出版されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

瓜生堂遺跡【うりゅうどういせき】

東大阪市にある弥生時代の遺跡。1973年,本州で初めて発掘された大型の墳丘墓(ふんきゅうぼ)を含む多数の方形周溝墓(ほうけいしゅうこうぼ)群や集落からなる。墳丘墓には木棺,土器棺,木棺をもたない土坑(どこう)が埋葬され,これらは出土した人骨から累世的な家族墓と見られている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うりゅうどういせき【瓜生堂遺跡】

東大阪市瓜生堂および若江西新町一帯に所在する弥生時代の集落遺跡。1965年中央環状線建設に先立つ工業用水管埋設工事によって発見され,以後,数次の調査の結果,住居跡,溝,水田跡,墓等が発掘された。なかでも第2号方形周溝墓で代表されるように,木棺が残り,中から人骨の検出されたものもあり,方形周溝墓の内容を最もよく知ることのできる遺跡である。遺跡は旧大和川によって運ばれた土砂に覆われて,現地表下約3~4mの深さにある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瓜生堂遺跡
うりゅうどういせき

大阪府東大阪市瓜生堂に所在する弥生(やよい)時代の集落跡。河内(かわち)平野の中央低地に位置し、現地表下3~4メートルに埋没している。弥生時代前期の住居跡、水田跡、中期の住居跡、方形周溝墓(ほうけいしゅうこうぼ)を中心とする墓地などが発見されている。第2号方形周溝墓からは木棺を使用した男女各3体の成人埋葬のほか、6基の土壙(どこう)墓と、6基の壺(つぼ)・甕棺(かめかん)墓が検出されており、方形周溝墓の埋葬を知るうえで重要なものである。出土遺物には、多くの土器や石器、木製品などがあるが、戈(か)とみられる青銅製品もあり、また砂岩製の鎔笵(ようはん)(鋳型(いがた))も発見されている。石包丁(いしぼうちょう)や石斧(せきふ)などの磨製石器や、鍬(くわ)、鋤(すき)、石斧柄などの農耕具や工具としての木製品には未成品がなく、他の遺跡とは異なる特徴を示している。[田代克己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

瓜生堂遺跡の関連キーワード大阪府東大阪市瓜生堂

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android