甕津半島(読み)おうしんはんとう

百科事典マイペディアの解説

甕津半島【おうしんはんとう】

朝鮮民主主義人民共和国南西部,黄海南道西海岸にあり,黄海に複葉状に延びた滅悪半島の先端にあたる。金,亜鉛,鉛などを産出し,ノリの養殖,タコ,イワシ漁獲が多い。中心の甕津漁港で黄海線の終点,付近の水産物集散

甕津半島【ようしんはんとう】

甕津(おうしん)半島

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おうしんはんとう【甕津半島 Ongjin‐bando】

朝鮮半島の中西部,黄海へ突出した半島。朝鮮民主主義人民共和国に属する。滅悪山脈の支脈を中心とし,全体が低い丘陵地となっている。頸部の東西は奥行きの深い海州湾,大東湾をなし,海岸線は複雑なリアス海岸をみせる。潮差が7mにも達し,良港に恵まれないが,イシモチなど魚類の絶好の産卵地をなし,黄海漁場の中心を形成している。海州市から甕津線がのび,半島部に点在する金,銅,鉄などの地下資源が開発されている。【谷浦 孝雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甕津半島
おうしんはんとう / オンチンバント

北朝鮮、黄海南道(こうかいなんどう/ファンヘナムド)の甕津から黄海の江華(こうか/カンホワ)湾に向けて複葉状に突出した半島。南方は康(こうれい)半島に囲まれている。半島の南部は38度線の南にあるが、朝鮮戦争後は北朝鮮の領域となっている。沿岸はリアス式の海岸を利用しノリ、カキの養殖を盛んに行っており、近海では、グチ、タラ、カレイ、イワシの漁獲も多い。湾頭にある巡威島、竜湖島ではケイ砂を産出している。[魚 塘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android