コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

由利[町] ゆり

2件 の用語解説(由利[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

由利[町]【ゆり】

秋田県南西部,子吉(こよし)川中流域を占める由利郡の旧町。主集落は前郷(まえごう)で由利高原鉄道が通じる。稲単作農業を主産業とし,肉牛の飼育なども行う。2005年3月本荘市,由利郡矢島町,岩城町,西目町,鳥海町,東由利町,大内町と合併し市制,由利本荘市となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆり【由利[町]】

秋田県南西部,由利郡の町。人口6514(1995)。鳥海山北麓にあたる由利原の台地と,町中央を貫流する子吉(こよし)川,西部の鮎川に沿う平野部とからなる。中心の前郷は,近世には子吉川水運の拠点として栄え,1922年には川沿いに横荘(おうしよう)西線(本荘~前郷)が開通して商業中心地としても繁栄した。しかし37年,横荘西線が国鉄に買収されて矢島(やしま)線(現,由利高原鉄道鳥海山ろく線)となり,翌38年に矢島まで延長されると,中心地としての機能は矢島に移った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone