コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲山[町] こうざん

百科事典マイペディアの解説

甲山[町]【こうざん】

広島県中東部,世羅(せら)郡の旧町。吉備(きび)高原の一部を占め,中部を芦田川東流する。甲山盆地(太田盆地)にある主集落は平安末期備後(びんご)太田荘の中心で,藩政時代は高山(こうざん)宿として栄えた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうざん【甲山[町]】

広島県東部,世羅郡の町。人口7294(1995)。世羅台地東部にあり,芦田川および支流の山田川,宇津戸川が高原地帯を流れる。1186年(文治2)に後白河法皇が高野山金剛峯寺に寄進した大田荘の中心地であり,甲山盆地の中心集落甲山は,大田荘支配の拠点として建立された今高野山の門前町として発展,近世は石見路の宿駅として栄え,本陣などが置かれた。町域の大部分が山林で,米作,畜産,花卉栽培を行い,特産にマツタケシイタケがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

甲山[町]の関連キーワード吉備高原吉備

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android