畔・畦(読み)あ

大辞林 第三版の解説

あ【畔・畦】

田のあぜ。 「営田つくだの-を離ち/古事記

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あぜ【畔・畦】

〘名〙
① 田と田の間に土を盛って堤をつくり、水をため、また、境界とするもの。あ。くろ
※二十巻本和名抄(934頃)一「畔 陸詞曰畔音半田界也 和名久呂 一云阿世」
※寂蓮法師百首(1187)「苗代の水にうきねやまかすらん蛙の声のあぜつたひ行く」
敷居または鴨居のみぞの中間にあるしきり。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android