畔・畦(読み)あぜ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 田と田の間に土を盛って堤をつくり、水をため、また、境界とするもの。あ。くろ。
※二十巻本和名抄(934頃)一「畔 陸詞曰畔音半田界也 和名久呂 一云阿世」
※寂蓮法師百首(1187)「苗代の水にうきねやまかすらん蛙の声のあぜつたひ行く」
② 敷居または鴨居のみぞの中間にあるしきり。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android