コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畝引検見 セビキケミ

デジタル大辞泉の解説

せびき‐けみ【畝引検見】

江戸時代の徴租法の一。石盛(こくもり)と租率によって算出された年貢高を検見によって得た実際の収量と比較し、不作などで後者が不足の場合に、その分を田の面積に換算して賦課対象から差し引く方法。根取(ねとり)検見。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せびきけみ【畝引検見】

江戸時代前半に行われた検見法の一つ。定められた収穫額に不足する量を反別に直し,貢租額を減額する方法。近世初頭の検地に基づく上・中・下・下々などの耕地の等級ごとに定められた根取米(1反当り取米)を,籾5合摺り(籾1升が米5合に当たる)として2倍し,300坪で除して1坪当りの籾量を出す。これを当合(あたりあい)といい,代官・手代が各田品(上・中・下・下々など)ごとに検見坪刈りし,検見籾量が各当合より多いときは過剰分を不問に付し,少ないときは不足分を損毛として田品ごとの反別もしくは石高に換算して控除(畝引)し,残りの反別または石高に対して当合を乗じて年貢を賦課する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せびきけみ【畝引検見】

江戸時代の検見法の一。田地の収穫が予定収穫量に不足するとき、不足分を段別に直し、それに当たる田地の課税を免除すること。畝引。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

畝引検見
せびきけみ

根取(ねどり)検見、反取(たんどり)検見ともいう。江戸時代、主として享保(きょうほう)年間(1716~36)以前に施行されていた徴租法の一つ。検地によって決定された石盛(こくもり)(一反当りの標準収穫量)に免(めん)(年貢率)を乗じて算出された高を根取とよび、これを平年作の際の年貢高とした。しかし、不作の年には、実際に検見坪刈(つぼがり)を行い、不作分を反別に換算し、これを総反別より畝引(控除)したのち、残りの反別に免を乗じて年貢高を決定するという方法がとられた。これを畝引検見という。
 この畝引検見は、生産力の上昇分を十分吸収できるものではなかったため、享保の改革の年貢増徴政策の展開のなかで、定免(じょうめん)法(一定期間免率を固定化する徴租法)や有毛(ありげ)検見法(根取を無視し、全反別について一筆ごとの坪刈を行い、実際の出来高を基に年貢高を決める徴租法)などの新しい徴租法が採用されるようになっていった。[大石 学]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の畝引検見の言及

【検見】より

…しかしこの制法の施行や検見の手続は不明である。 検見の仕法は後述のように各種があるが,幕領では享保期(1716‐36)までは畝引検見(せびきけみ)取法が行われた。幕府は1718年定免(じようめん)制施行の準備を命じ22年ごろからおいおいこれが実施されるとともに,有毛検見(ありげけみ)取法に転換していった。…

【年貢】より

…この段階では租率((めん),取箇(とりか)ともいう)は可能な限り高く決められ,村高×租率によって年貢高は定まった。 かかる方式は農村の疲弊をもたらしたので,17世紀中葉の寛永の飢饉を契機に農政の方針は小農経営の保護育成策に転じ,畝引検見(せびきけみ)法が導入された。これは平年作の反(たん)当年貢高(根取米(ねどりまい))を定めておいて,不作年には坪刈(つぼかり)によって不作分の反別を減ずる(畝引)ことによって年貢高の調節を計るものであった。…

※「畝引検見」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

畝引検見の関連キーワード根取検見反取検見木綿検見石盛定免田地

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android