コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

略奪農業 リャクダツノウギョウ

デジタル大辞泉の解説

りゃくだつ‐のうぎょう〔‐ノウゲフ〕【略奪農業】

肥料を施さないで作物栽培・収穫する原始的農業地力が消耗すると他に移る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

りゃくだつのうぎょう【略奪農業】

耕地の肥沃度を施肥・輪作などによって維持・増進することなく,もっぱら天然の養分供給に依存する粗放で原始的な農業。耕作をつづけると土地がやせ,収穫量も減少するので,2~3年あるいは4~5年でその耕地を放棄し他へ移動する方式をとる。焼畑切替畑はこの典型であり,北アメリカの植民地時代から西漸運動が終わる19世紀中ごろまでの農業もこの例とされる。焼畑では,耕作を放棄した後,ある年数がたてば自然の回復力によって林木が繁茂し,再び焼畑が行える状態になる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りゃくだつのうぎょう【略奪農業】

肥料を施さないで、土地の地力のみにたよって行う原始的な農業。地力が消耗すると放棄して別の土地に移る。焼畑耕作など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

略奪農業の関連キーワードリービヒ肥料

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android