似る(読み)ニル

デジタル大辞泉「似る」の解説

にる【似る】

[動ナ上一][文][ナ上一]
物の形が見た目に同じようである。「双子のようにている」「夕顔た白い花」
性質・状態などがほとんど同じである。「意味のた言葉」「親にてそそっかしい」
(「…に似ず…だ」の形で)それから受ける印象のとおりであろうと判断されるのとは実際には違って…である。「外見にずたくましい」
それに相応すると判断される。…ようだ。
「こころざしあるにたり」〈土佐
[類語](1)(2似寄る似つく似通う通う相通ずる類するまが類似する相似する近似する酷似する肖似しょうじするあやかる似寄り瓜二つ生き写し丸写しそっくり疑似空似もどき紛い似非えせ紛らわしいカーボンコピー

とうば・る〔たうばる〕【似る】

[動ラ四]《「とうば」と同語源》貴人の容貌を受けて、その人に似る。
「かほすがた天皇に—・れり」〈雄略紀〉

の・る【似る】

[動ラ四]に(似)る」に同じ。
「其のかたちもは養蚕ひごに—・れり」〈岩崎本皇極紀〉

たうば・る【似る】

[動ラ四]とうば(似)る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android