コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

似る タウバル

6件 の用語解説(似るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たうば・る【似る】

[動ラ四]とうば(似)る

とうば・る〔たうばる〕【似る】

[動ラ四]《「賜(とうば)る」と同語源》貴人の容貌を受けて、その人に似る。
「かほすがた天皇に―・れり」〈雄略紀〉

にる【似る】

[動ナ上一][文][ナ上一]
物の形が見た目に同じようである。「双子のようにている」「夕顔にた白い花」
性質・状態などがほとんど同じである。「意味のた言葉」「親にてそそっかしい」
(「…に似ず…だ」の形で)それから受ける印象のとおりであろうと判断されるのとは実際には違って…である。「外見にずたくましい」
それに相応すると判断される。…ようだ。
「こころざしあるにたり」〈土佐

の・る【似る】

[動ラ四]に(似)る」に同じ。
「其の貌(かたち)全(もは)ら養蚕(かひご)に―・れり」〈岩崎本皇極紀〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

にる【似る】

( 動上一 ) [文] ナ上一 
〔「似る」の母音交替形〕
ある物が他の物と同じように見える。 「アユにた魚」 「よくている人」
性質・状態などに共通点を持つ。 「性格は父親にている」 「これとよくた話を聞いたことがある」
それに相応する。適合する。 「おそろしい顔にず優しい心をもっている」 「ゆりと言へるは否と言ふににる/万葉集 1503」 「着たるものの、人のさまにぬは/源氏 玉鬘

のる【似る】

( 動四 )
る。 「其の皃かたち、全もはら養蚕かいこに-・れり/日本書紀 皇極訓」 〔名義抄〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

似るの関連キーワード仰ぎ見る鋳る惟る省みる煮る盗み見る上一人並居る干るわ・にる

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

似るの関連情報