紛い/擬い(読み)マガイ

デジタル大辞泉の解説

まがい〔まがひ〕【紛い/擬い】

見分けのつかないほどよく似せてあること。また、そのもの。まがいもの。名詞の下に付いても用いられる。「―の真珠」「詐欺―の手口」
(多く「まがいもない」の形で)まちがいないこと。「―もなく彼の筆跡だ」
入り乱れること。
「あしひきの山下光るもみぢ葉の散りの―は今日にもあるかも」〈・三七〇〇〉
あやまち。過失。
「手の―、足の―」〈祝詞・大殿祭

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まがい【紛い】

本物に似せて作ってあること。また、そのもの。にせもの。いんちき。 「 -の鼈甲べつこう
まざって区別しにくいこと。 「あしひきの山下光るもみち葉の散りの-は今日にもあるかも/万葉集 3700
まちがい。しくじり。 「手の-・足の-なさしめずして/祝詞 大殿祭
名詞の下に付いて、見まちがえるほどよく似せてあること、また、そのものの意を表す。 「カウボーイ-の服装」 「ワニ皮-のハンドバッグ」
[句項目] 紛いも無い

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android