(読み)ぎ

精選版 日本国語大辞典「偽」の解説

ぎ【偽】

〘名〙
本物らしく見せかけること。似せること。人為。いつわり。
※俳諧・本朝文選(1706)三・賦類・招魂賦〈支考〉「偽ある人は、このいつはりなしとよろこぶ」 〔荀子‐性悪〕
② 文と文の対象が意味上正確に対応していないこと。
③ 二値論理での真理値の一つ。⇔
※哲学階梯(1887)〈今井恒郎訳〉一「若し一断定真なる時は他の断定は偽ならざるべからず」

うつわ・る うつはる【偽】

〘他ラ四〙 事実や自分の本心を隠して、それと違うことを言ったりしたりする。うそをいう。いつわる。
※書紀(720)允恭四年九月(図書寮本訓)「是自り後、百(氏)姓(かばね)自ら定りて更に詐(ウツハル)人无し」
[語誌]→「いつわる(偽)」の語誌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「偽」の解説

ぎ【偽】

いつわり。
論理学で、ある命題が事実に一致しないこと。⇔

ぎ【偽〔僞〕】[漢字項目]

常用漢字] [音](呉)(漢) [訓]いつわる にせ
〈ギ〉本物らしく見せてだます。いつわる。にせ。「偽作偽証偽善偽造偽名虚偽真偽
〈にせ〉「偽者

にせ【偽/×贋】

《動詞「に(似)せる」の連用形から》本物に似せて作ること。本物のように見せかけること。また、そのもの。「―の手紙」「―ダイヤ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典「偽」の解説

論理演算によって評価されるのひとつ。条件式を満たさなかったときの値。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android