コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擬き/抵牾/牴牾 モドキ

デジタル大辞泉の解説

もどき【擬き/抵牾/牴牾】

《動詞「もど(擬)く」の連用形から》
日本の芸能で、主役にからんだり、前に演じたものをこっけいにまねたりすること。また、その役・演目。里神楽ひょっとこの「」に対する「三番叟(さんばそう)」など。
もどくこと。
「たをやかならぬさまなり、といふ―はあれど」〈栄花・初花〉
名詞の下に付いて、それに匹敵するほどのもの、また、それに似て非なるものであるなどの意を表す。「梅―」「がん―」「芝居―のせりふ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android