コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白川石/白河石 シラカワイシ

4件 の用語解説(白川石/白河石の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しらかわ‐いし〔しらかは‐〕【白川石/白河石】

京都市左京区北白川から産する黒雲母花崗岩(かこうがん)の石材名。墓石・石灯籠(いしどうろう)・建築などに使用。
(白河石)福島県白河から産する安山岩の石材名。土木・建築などに使用。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しらかわいし【白川石】

京都市左京区北白川付近から産出した花コウ岩の石材名。比叡山はこの石から成っている。白色中粒,緻密(ちみつ)であり,京都の歴史的建造物に用いられた御影石の大半がこれで,石灯籠,手水鉢など種々の細工物にも広く使用されたが,石切場は昭和初年に閉山された。白川石が風化してできた白川砂は,白色で美しく,敷砂として珍重される。京都の名園や神社の神前の砂は,ほとんどが白川砂である。【矢橋 謙一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しらかわいし【白川石】

京都市左京区北白川付近から切り出した黒雲母花崗かこう岩の石材名。組織が緻密で美しいので、墓石・碑石・石灯籠などに用いた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白川石
しらかわいし

京都市左京区北白川から比叡(ひえい)山にかけて産する黒雲母花崗(くろうんもかこう)岩の石材名。全体として白色で、中粒または粗粒であるが、ときに斑(はん)状を呈する。古くから利用された有名な御影石(みかげいし)であるが、玉石から採石されるために大材が得られず、わずかに建築用材として利用されるほか、石碑や石灯籠(いしどうろう)に加工されている。また、付近を流れる白川の川砂は白くてきれいなため、白川砂として京都御所、天皇陵や各地の神社仏閣で古くから利用されてきた。[斎藤靖二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone