コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白旗一揆 シラハタイッキ

5件 の用語解説(白旗一揆の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しらはた‐いっき【白旗一揆】

室町時代、北武蔵・上野(こうずけ)の源氏の在地中小武士によって組織された武士団。別府・久下(くげ)・高麗(こま)氏などで構成され、白旗を旗印としたのでこの名がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

白旗一揆【しらはたいっき】

南北朝〜室町時代の上野・武蔵の国人一揆。構成員は武蔵七党の児玉党などの系譜を引く。観応の擾乱における武蔵野合戦では足利直義方の上杉憲顕の軍勢に加わった。15世紀には上州一揆武州一揆などに再編成された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しらはたいっき【白旗一揆】

14世紀東国に起こった武士の一揆の一つ。武士の一揆は,鎌倉末期より惣領制の再編と中小武士団の地域的連合が進む中で,新たに各地に生まれた地方武士層の連合組織。本来は戦場での共同行為を約束したものであったが,しだいに平時にも共同体としてのまとまりをもつようになったもの。東国では南武蔵の平一揆,東上野の藤家一揆のほか,上野・北武蔵の源氏(別符,高麗氏など)によって結成されたこの白旗一揆がとくに知られ,その名称は彼らが戦場において白旗を掲げたことによる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しらはたいっき【白旗一揆】

中世、東国の武士団の一。別府・久下・高麗氏など、北武蔵むさし・上野こうずけの中小武士層で構成。戦場で白旗を旗じるしとした。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白旗一揆
しらはたいっき

南北朝・室町初期における東国の国人(こくじん)一揆。別府(べっぷ)、久下(くげ)、塩谷(しおや)、高麗(こま)、成田(なりた)氏らの上野国(こうずけのくに)の国人や、武蔵七党(むさししちとう)の系譜を引く諸氏もその構成員であったろうと推定されている。一揆の結合原理は同族を中心とした族縁的な形態であり、鎌倉時代の党と本質的に同一のものであった。同様な一揆としては南武蔵(みなみむさし)の平(へい)一揆、上野の藤氏(とうし)一揆などが知られている。14世紀末~15世紀初頭にかけて東国の国人は族的結合の色彩を弱め、地域的連帯を求めるようになり、武州(ぶしゅう)一揆、上州(じょうしゅう)一揆というような国単位の一揆に変化していった。[伊藤喜良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白旗一揆の関連キーワード原城百姓一揆青鞜派出来事武士団武士の道浪士一向一揆の里シス-トランステスト播磨国の土一揆

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone