コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武州一揆 ブシュウイッキ

百科事典マイペディアの解説

武州一揆【ぶしゅういっき】

幕末期に武蔵(むさし)国で起きた百姓一揆。1866年武蔵国の秩父(ちちぶ)高麗(こま)郡・多摩(たま)郡の山村の百姓が米値など諸物価の高騰に困窮し,在郷商人らに米穀の安値売りを求めたが拒絶され,〈打毀(うちこわし)連中〉を結成して同時に蜂起したもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶしゅういっき【武州一揆】

1866年(慶応2)6月13日に武蔵国秩父,高麗,多摩3郡の山村地帯の窮民が〈打毀(うちこわし)連中〉を結成して同時蜂起した一揆で,6月19日上州・武州国境沿いの打毀を最後に壊滅する。その間武蔵15郡,上野2郡にわたり,豪農,村役人,忍(おし)藩陣屋など合計450軒余を打ち毀した。参加者は武蔵,上野,下野,相模,常陸の関東5ヵ国に及ぶ窮民約10万人余である。一揆は,横浜貿易の展開に加えて第2次長州征伐などの動乱により,山村,畑作農村で急激に米価が騰貴したため生活苦に陥った窮民が,米穀の安売りを要求して在郷商人に迫ったが拒否され,打毀に走ったものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぶしゅういっき【武州一揆】

1866年武蔵国一五郡を中心に起こった百姓一揆。横浜開港後の物価騰貴や負担増に苦しむ窮民を中心とし、施金・施米や質物・質地の無償返還などを要求して蜂起。約一週間後に鎮圧された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武州一揆
ぶしゅういっき

武蔵(むさし)国に基盤をもつ国人(こくじん)一揆。南北朝時代以降には白旗(しらはた)一揆、平(へい)一揆などの一揆が活躍したが、これらが15世紀中葉に守護山内上杉(やまのうちうえすぎ)氏のもとで上州一揆とともに武州一揆として再編され、享徳(きょうとく)の乱(1454~78)で山内上杉氏に属してその活躍がみられるが、その系譜や構成員などについては不明である。また多摩郡船木田荘(しょう)(東京都八王子市、日野市)近辺には南一揆という一揆が15世紀に存在するが、武州一揆との関係は不明。
 幕末武蔵北部に起こった世直し一揆については別項「武州世直し一揆」参照。[峰岸純夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の武州一揆の言及

【農兵】より

…このほか,幕末の内憂外患により,とくに世直し一揆の激発を深刻に憂慮する豪農,村役人によって組織された農兵もある。たとえば66年(慶応2)の武州一揆にたいして,こうした豪農の組織した農兵が積極的に鎮圧を行っており,農兵の性格の一面を示している。農兵隊のほとんどは平時には農業に従事する文字どおりの農兵であり,恒常的な隊をなしていないが,有志者を募り強固な隊組織を形成した,有志の草莽(そうもう)諸隊も見られる。…

※「武州一揆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

武州一揆の関連キーワード白旗一揆信達一揆武蔵七党質物施米中心

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

武州一揆の関連情報