白村江の戦い(読み)はくそんこうのたたかい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白村江の戦い(はくそんこうのたたかい)
はくそんこうのたたかい

663年(天智天皇2)朝鮮半島白村江河口付近での日本・百済(くだら)連合軍と唐・新羅(しらぎ)連合軍との海戦。白村江は朝鮮半島南西部を流れる錦江(きんこう)の古称。「はくすきのえ」とも読む。660年(斉明天皇6)百済は唐・新羅の攻撃を受けて、王城は陥落し、国王は唐に連れ去られ、実質的に滅亡したが、その遺臣たちはなおも百済復興のために戦い、日本に対して救援軍の派遣を求め、あわせて当時日本に滞在していた百済王子余豊璋(よほうしょう)を新国王に推戴(すいたい)することによる王家再興を要請した。これを受諾した中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)ら日本の支配層は天皇をはじめとして政権中枢を筑紫(つくし)に移して臨戦体制を整え、662年豊璋を百済に送り、翌年3月上毛野稚子(かみつけぬのわかこ)、巨勢訳語(こせのおさ)、阿倍比羅夫(あべのひらふ)らを将軍として三軍編成、総勢2万7000人の軍隊を朝鮮半島に派遣した。同年8月日本軍は白村江において劉仁軌(りゅうじんき)らの率いる170艘(そう)余りの唐の水軍と対戦し、2日間の海戦で大敗を喫し、多くの戦死者を出して退いた。百済王豊璋もこのとき高句麗(こうくり)に敗走し、これによって百済の復興は絶望となった。また日本も唐・新羅の追撃という脅威に備えねばならず、しばらく臨戦体制は続き、大宰府(だざいふ)防衛のために水城(みずき)がつくられ、九州から大和(やまと)にかけての各所に朝鮮式山城(やまじろ)が築造され、都も飛鳥(あすか)から近江(おうみ)の大津に遷(うつ)された。この敗戦によって日本の支配層は東アジア世界における日本の国家的未成熟さを思い知らされ、これを契機に唐制に倣った律令(りつりょう)国家の形成が本格的に着手されることとなった。[菊地照夫]
『鬼頭清明著『白村江』(教育社歴史新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

イギリス・米国の伝記映画。イギリスの人気ロックバンド・クイーンと、そのボーカルで1991年に45歳で死去したフレディ・マーキュリーの半生を描く。タイトルは同バンドが75年に発表したフレディ作の楽曲と同...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白村江の戦いの関連情報