コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白村江の戦い(読み)ハクソンコウノタタカイ

デジタル大辞泉の解説

はくそんこう‐の‐たたかい〔ハクソンカウ‐たたかひ〕【白村江の戦い】

天智天皇2年(663)白村江での、日本・百済(くだら)連合軍と新羅(しらぎ)連合軍との戦い。日本は、唐・新羅軍に攻略された百済の救援のために軍を進めたが大敗し、百済は滅亡。日本は朝鮮半島進出を断念した。はくすきのえのたたかい。

はくすきのえ‐の‐たたかい〔‐たたかひ〕【白村江の戦い】

はくそんこうのたたかい(白村江の戦い)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はくそんこうのたたかい【白村江の戦い】

663年、白村江での唐・新羅軍と日本・百済軍との戦い。百済を救援した日本軍は敗れ、百済は滅亡、日本は朝鮮進出を断念。新羅が朝鮮統一に一歩を進めた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白村江の戦いの関連情報