コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白板症(ロイコプラキー) はくばんしょうろいこぷらきーLeukoplakia

翻訳|Leukoplakia

家庭医学館の解説

はくばんしょうろいこぷらきー【白板症(ロイコプラキー) Leukoplakia】

[どんな病気か]
 広くは、粘膜(ねんまく)あるいは皮膚と粘膜の境界にできる白色の、盛り上がりのないできものをいいますが、狭い意味では、そのなかの前がん性のものだけをいいます。
 前がん性白板症は、40歳以上の男性がかかりやすく、口の中の粘膜、外陰部、肛門部(こうもんぶ)によくできます。最初は皮膚あるいは粘膜の一部が白くなるだけですが、進行すると白い部分に赤灰色の斑点状(はんてんじょう)のものができ、さらに進行すると、表面にいぼがぶつぶつとできたような状態(がん状態)になります。
 あまり自覚症状はありませんが、外陰部にできたものはかゆみをともなうことがあります。カンジダ症と一緒に発病することもしばしばあります。
 口の中にできたものは10~20%の割合でがんになります。白板症の診断からがんになるまでの期間はおよそ5年以内です。原因は不明です。
[検査と診断]
 鵞口瘡(がこうそう)、扁平苔癬(へんぺいたいせん)、硬化性萎縮性苔癬(こうかせいいしゅくせいたいせん)、梅毒(ばいどく)の第2期疹(しん)、円板状エリテマトーデス(DLE)など、よく似た病気と区別しなければなりません。患部の一部を切り取り、病理検査して診断をつけます。
[治療]
 患部を完全に切り取る切除術を行ないます。液体窒素(えきたいちっそ)を用いる冷凍外科的療法もありますが、まだ完全な方法とはいえません。
[日常生活の注意]
 口の中、外陰部、肛門部などは常に清潔に保つようこころがけます。特別な予防法はありません。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

白板症(ロイコプラキー)の関連キーワード口腔がん

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android