コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前癌状態 ぜんがんじょうたいprecancerous conditions

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前癌状態
ぜんがんじょうたい
precancerous conditions

病理学上からは,であるかないかの二者択一で,中間状態は存在しないから,明確な定義はない。しかし臨床的には,放置すると癌ができる確率が高いと考えられるとき,その先行する病的状態を前癌状態という。たとえば,舌の白板症舌癌の,子宮頸部の異形成は子宮癌の,胃粘膜の腸上皮化生は胃癌の,大腸ポリープは大腸癌の,肝硬変肝癌の前癌状態とみなすことができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

前癌状態【ぜんがんじょうたい】

ある組織にができる前に,癌に先立って介在する病変。本態は不明だが,癌細胞の潜伏状態や,真の癌性増殖への可逆的な移行の段階と考えられている。たとえば,肝硬変(肝癌),慢性乳腺症乳癌),舌の白板症(舌癌),皮膚の母斑ページェット病皮膚癌),直腸の家族性ポリポージス(直腸癌)などで,この中には独立した疾患として認められるものもある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぜんがんじょうたい【前癌状態】

癌になる確率が比較的高い病的状態。胃癌に対する萎縮性胃炎、肝癌に対する肝硬変など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

前癌状態
ぜんがんじょうたい

癌は人類にとって大敵というべき疾患であり、癌の予防は人類のための医学の最重要な課題とされている現状から、前癌という用語が一時流行した時期もあったが、現在では、かえってこの意味が混乱しているのが実状である。かつては、ある病変それ自体は癌ではないが、癌が発生する頻度が高いと臨床的にあるいは経験的に理解されている疾患がいくつかあり、これらは癌の前段階であろうという考えから前癌状態あるいは癌前駆症とよばれてきたわけである。例としては、皮膚の癌の場合の光線皮膚炎、色素性乾皮症、老人性角化症、火傷瘢痕(はんこん)などの皮膚疾患、胃癌の場合の胃潰瘍(かいよう)、大腸癌の場合の大腸ポリープ症、肝癌(ヘパトーマ)の場合の肝硬変症、乳癌の場合の乳腺(にゅうせん)症、悪性絨毛(じゅうもう)上腫(しゅ)の場合の胞状奇胎などがあげられる。確かに、これらの癌がみつけられた場合に、ここであげられているような前癌状態、すなわち病変が認められることが多いのは事実であるが、この状態からかならず癌が発生するという根拠は現在のところ確認されていない。また、その何パーセントが癌になるという見解も一定せず、研究者によりまちまちな状況である。前癌状態とかつて強調された疾患と、癌の発生つまり発癌とを簡単に関係づけることは困難であり、またかえって危険というべきであろう。上皮の中だけに増殖している癌を上皮内癌carcinoma in situとよんでいるが、これは組織学的に確認されるので初期癌として取り扱われ、癌細胞がある範囲に発育・増殖して肉眼的な大きさとして認識されれば微小癌、早期癌と臨床的に称せられる。これら上皮内癌、初期癌、微小癌、早期癌は癌そのものであり、前癌とは明確に区別されなければならない。[渡辺 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

前癌状態の関連キーワード子宮内膜増殖症口腔白板症萎縮性胃炎久留勝

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android