白河(読み)はくが

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白河(中国、河南省)
はくが / パイホー

中国、河南省南西部を流れる川。長江(ちょうこう/チャンチヤン)(揚子江(ようすこう))水系の漢水の支流。嵩県(すうけん)南端の伏牛(ふくぎゅう)山脈に発し、南召県南部、南陽市東部を経て南流し、双溝(そうこう)付近で唐河と合流したのちは唐白河とよばれ、襄樊(じょうはん/シヤンハン)市で漢水に合流する。全長312キロメートル。本・支流の大部分は南陽盆地を貫流し、水運、灌漑(かんがい)に利用される。[河野通博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白河の関連情報