白河(読み)はくが

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白河(中国、河南省)
はくが / パイホー

中国、河南省南西部を流れる川。長江(ちょうこう/チャンチヤン)(揚子江(ようすこう))水系の漢水の支流。嵩県(すうけん)南端の伏牛(ふくぎゅう)山脈に発し、南召県南部、南陽市東部を経て南流し、双溝(そうこう)付近で唐河と合流したのちは唐白河とよばれ、襄樊(じょうはん/シヤンハン)市で漢水に合流する。全長312キロメートル。本・支流の大部分は南陽盆地を貫流し、水運、灌漑(かんがい)に利用される。[河野通博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白河の関連情報