コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百万町開墾計画 ひゃくまんちょうかいこんけいかく

2件 の用語解説(百万町開墾計画の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひゃくまんちょうかいこんけいかく【百万町開墾計画】

722年(養老6)に出された良田百万町の開墾計画。国郡司が人夫(公民の成年男子)に食料を支給して10日を限度に徴発し,道具は官物を貸し出して開墾にあたらせることとした。国郡司が開墾を怠れば罷免し,恩赦にあっても許さないという厳しい態度でのぞんだ。また百姓が荒野閑地を開墾して雑穀を収穫すれば,その収量によって勲位を授けたり,賦役を終身免除したりした。この法令が対象としたのが陸奥国だけか全国か,また開墾の対象が陸田(りくでん)だけか水田をも含むかについては,諸説が対立している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

百万町開墾計画
ひゃくまんちょうかいこんけいかく

722年(養老6)に長屋王(ながやおう)の政権のもとで策定された国費による田地開墾計画。この計画が、全国を対象とするものか奥羽地方のみを対象とするものか、開墾すべき田地が稲作のための水田か雑穀栽培のための陸田か、その目的が耕地の増大にあるのか備荒策なのか、翌723年に発布された三世一身法(さんぜいいっしんのほう)と関係があるのかないのか、これらの点について古代史家の意見は分かれている。ただ全国的な水田開墾計画とみた場合、当時の既耕水田面積はほぼ百万町と推定されるから水田倍増計画ということになる。しかし水田開発には灌漑(かんがい)施設の建設という困難な事業を伴うことを考えると、実行不能のデスクプランということになる。その点、奥羽地方の軍事的必要から雑穀栽培のための陸田の開発計画つまり食糧増産計画とみるほうに分があるが、多くを状況証拠に頼らざるをえないうらみがある。[虎尾俊哉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百万町開墾計画の関連キーワード元正天皇金胎寺養老養老酒良田美濃菊世良田義周仁耀藤原綱手陽胡真身

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone