コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相次運送 そうじうんそうsuccessive carriage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相次運送
そうじうんそう
successive carriage

同一運送品につき数人の運送人が相次いで運送をすること。狭義では,数人の運送人が相互に運送上の連絡関係を有し,荷送人は最初の運送人に運送の委託をすることにより,ほかの運送人をも同時に利用できるもので,通常は数人の運送人が順次に 1通の通し運送状とともに運送品を受け取って運送に従事する場合をさす。すなわち,共同して運送を引き受ける連帯運送をさし,部分運送や下受け運送を含まない。相次運送においては,各運送人は,運送品の滅失,毀損または延着につき連帯して損害賠償の責任を負う (商法579,766) が,実際は,各運送人が自己の責任を担当運送区間において生じた損害に限定する旨の特約をする場合が普通である。(→通し運送

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうじうんそう【相次運送】

同一の運送品を数人の運送人が相次いで運送すること。交通,通信および金融の各機関が発達するにつれて,取引地域が拡大し,遠隔地との取引が盛んになり,一運送人が,自分で全区間の運送をすることが不可能な場合も多くなり,数人の運送人が相次いで運送することが必要となる。 相次運送には,(1)数人の運送人がそれぞれ独立して,各特定区間の運送を引き受ける場合(部分運送),(2)一運送人が全部の区間の運送を引き受け,その全部または一部を他の運送人に運送させる場合(下請運送),(3)数人の運送人が共同して全部の区間の運送を引き受け,内部関係においてそれぞれの担当区間を定める場合(同一運送),(4)数人の運送人が順次に,1通の運送状とともに運送品を受け取って運送に従事する場合(共同運送,連帯運送)がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android