コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眺望権 チョウボウケン

デジタル大辞泉の解説

ちょうぼう‐けん〔テウバウ‐〕【眺望権】

建物の所有者などが、他の建物などに妨害されることなく、これまで享受してきた一定の景色を眺望できる権利。→景観権

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

眺望権【ちょうぼうけん】

風景等の眺望をみだりに妨害されない権利。しかし日照権と違って,人の健康に直接損害を与えたり,財産を直接侵害するわけでもないので,一般に眺望を妨害されたことだけでは,損害賠償や建築中止などの請求はできない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうぼうけん【眺望権】

眺望,景観を享受することができる権利。今日,権利としての確立が強く主張されている環境権の一種である。環境保護を目ざす運動の一環として,眺望阻害,景観破壊を阻止するために,その権利性が提唱されるに至った。すなわち,眺望ないし景観も,よりよい生活環境を構成するものとして法的保護の対象になるという考えに基づくものである。判例によれば,旅館業者等が眺望を営業用に利用している場合には,その眺望は財産上の利益として保護される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうぼうけん【眺望権】

従来より享受していた眺望を、他の建物などにより妨害されない権利。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

眺望権
ちょうぼうけん

建造物の所有者または占有者が、一定の風景を他に妨害されることなく眺望しうる権能をいう。この権能は、建造物の所有権または占有権中に包含され、その権利より派生する一作用たる権能であり、独立の権利ではない。この権能は、物権的請求権ないしは占有の訴えに類似するが、このような強力で積極的な権能ではなく、受忍限度を越えるときにのみ効力を生ずるものであり、権利濫用の理論が基礎とされる。眺望の法的保護を最初に認めた判例は、群馬県の猿ヶ京温泉事件であり、湖水の眺望を生命とする観光旅館の目の前に、同業者が悪意で新しい旅館の建築に着手したのは権利の濫用であるとして、建築の差止めが認められた(東京高等裁判所判決昭和38年9月11日)。[竹内俊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

眺望権の関連キーワード厚木 たか眺望権訴訟環境権訴訟建物従来

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android