コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢本[町] やもと

百科事典マイペディアの解説

矢本[町]【やもと】

宮城県中東部,桃生(ものう)郡の旧町。仙石線が通じる。海岸の数列の浜堤上で野菜,ナシが栽培され,仙台,石巻へ出荷する。米作も盛ん。かつての海軍航空隊基地で,現在,航空自衛隊駐屯

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やもと【矢本[町]】

宮城県中部,桃生(ものう)郡の町。人口3万0888(1995)。砂丘と低湿地からなる石巻海岸平野にあり,南は石巻湾に面する。定川が東部を南流し,JR仙石線,国道45号線が通じる。中世には長江氏が滝山に居城して支配したが,近世は仙台藩領であった。寛永年間(1624‐44)藩営事業として,当時町域内を貫流していた江合川を北端の和淵で北上川に合流させる改修工事が行われ,この結果現在の定川一帯に低湿地が広がることになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android