コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知床五湖 しれとこごこ

3件 の用語解説(知床五湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

知床五湖
しれとこごこ

北海道東部,斜里町にある5つの湖。知床半島中央,オホーツク海岸沿いに位置する。面積合計 0.19km2。標高約 250mの溶岩台地上に散在する小湖水で,知床半島の山並みを湖面に映し,春は湖畔のミズバショウ,ヒオウギアヤメ,秋は紅葉が美しい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しれとこ‐ごこ【知床五湖】

北海道北東部、知床半島のほぼ中央にある湖群。湿地と原生林に囲まれた一湖から五湖と呼ばれる五つの湖が点在する。最大の湖は二湖、最小は五湖。各湖の水は、湖底の岩を伝って半島の断崖にしみ出ていると言われる。付近一帯は知床国立公園に属し、世界遺産に登録されている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕知床五湖(しれとこごこ)


北海道東部、知床半島の羅臼(らうす)岳北西麓(ほくせいろく)の熔岩流・火山泥流による堰止湖(せきとめこ)群。第1湖から第5湖まで数字でよばれる小湖沼群が点在する。最大の第2湖で面積0.05km2、最小の第5湖は同0.009km2。周囲はクマザサや原生林におおわれる。五湖を巡る遊歩道があり、周辺に高山植物が多くみられる。知床国立公園を代表する景勝で、観光客に人気が高い。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の知床五湖の言及

【知床半島】より

…海食崖にはウミウ,ウミネコ,イワツバメ,オジロワシなどの鳥類が生息する。おもな観光地として,羅臼岳山麓の溶岩台地上に点在する火山堰止(せきとめ)湖の知床五湖,羅臼岳の登山口にあたる岩尾別温泉(純食塩泉,61℃),羅臼川上流の羅臼温泉(純食塩泉,70~90℃)などがある。1980年には,羅臼より斜里に至る〈知床横断道路〉(国道334号線)が開通し,これにより観光客の数も著しく増加したが,開発による自然破壊も深刻である。…

※「知床五湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

知床五湖の関連情報