コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石山古墳 いしやまこふん

2件 の用語解説(石山古墳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いしやまこふん【石山古墳】

三重県上野市才良(ざいりよう)にある4世紀末の前方後円墳。墳丘は洪積丘陵の末端を利用して作り,全長120m,後円部径70m,前方部幅40mある。葺石がめだつので石山と名づけたものであろう。墳丘を3段にめぐる円筒埴輪列があるほか,後円頂部には円筒列で長方形に囲んだ内外に,家,盾,靫(ゆき),甲(よろい),蓋(きぬがさ)などの形象埴輪を配置していた。くびれ部の墳丘外方にも長方形の区画があって,円筒列で囲み家形埴輪を並列していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石山古墳
いしやまこふん

三重県伊賀(いが)市才良(ざいりょう)にある前方後円墳。全長120メートル、後円部径70メートル、前方部幅40メートル、葺石(ふきいし)を葺く。後円部の同一土壙(どこう)内に3個の粘土槨(かく)があった。東棺(割竹形木棺)には、鏡、玉類、革綴短甲(かわとじたんこう)、鉄製武器、鉄製工具、靭(ゆき)、盾(たて)、石製模造品などが副葬されていた。中央棺(割竹形木棺)には、革綴冑(かぶと)、盾、鉄鏃(てつぞく)(やりがんな)、鎌(かま)、石製模造品が副葬され、西棺(組合せ式木棺)には、鏡、碧玉製腕飾(へきぎょくせいわんしょく)類(鍬形石(くわがたいし)、車輪石(しゃりんせき)、石釧(いしくしろ))、玉類、鉄製武器、鉄製工具、石製模造品が副葬されていた。棺外に盾、槍(やり)などがあった。埴輪(はにわ)は円筒形、朝顔形、家形、蓋(きぬがさ)形、靭形、盾形などがある。1948~51年(昭和23~26)小林行雄(ゆきお)らにより調査された。4世紀末~5世紀初頭の代表的古墳である。[近藤喬一]
『小林行雄著『古墳時代の研究』(1961・青木書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石山古墳の関連キーワード上野盆地御在所山三重県三重大学敢国神社入用上野市公正利用立入奇一

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone