コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石灰肥料 セッカイヒリョウ

4件 の用語解説(石灰肥料の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せっかい‐ひりょう〔セキクワイヒレウ〕【石灰肥料】

カルシウム分を主成分とする肥料。土壌の酸性化防止のためにも用いられる。生石灰消石灰炭酸石灰石灰窒素など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

石灰肥料【せっかいひりょう】

石灰質肥料とも。有効石灰または苦土(くど)(酸化マグネシウム)を含有する肥料。生石灰酸化カルシウム),消石灰水酸化カルシウム),炭酸石灰炭酸カルシウム)などがある。
→関連項目化学肥料肥料

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せっかいひりょう【石灰肥料 lime fertilizer】

石灰を主成分とした肥料。降雨量が多く,また酸性肥料の施用量の多い日本の耕地は石灰やマグネシウムなどのアルカリ分が流亡して酸性化しやすい。酸性土壌では作物の生育は不良になるので,土壌の酸度を矯正する必要がある。酸度の矯正には流亡した石灰やマグネシウムを補充する必要があり,石灰肥料はこのような土壌酸度の矯正と石灰分の補給に用いられる。土壌の酸性化しやすい日本では多量に生産・消費される肥料で,窒素,リン酸,カリに石灰を加えて肥料四要素と呼ばれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せっかいひりょう【石灰肥料】

カルシウム分を含む肥料の総称。主なものに、生石灰・消石灰・炭酸カルシウムがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の石灰肥料の言及

【土佐国】より

…旧国名。土州。現在の高知県。土左国,都佐国とも記す。
【古代】
 南海道に属する中国(《延喜式》)。ただし865年(貞観7)に介を加置され国司の構成は上国と変わらなくなった。《古事記》の国生み神話には〈建依別(たけよりわけ)〉という別称が記されている。《先代旧事本紀(せんだいくじほんぎ)》の国造本紀には波多国造として天韓襲命,土佐国造として小立足尼の名がみえ,律令制的な国の成立以前,この地は土佐・波多両国造の支配下にあった。…

※「石灰肥料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石灰肥料の関連キーワード灰釉テラロッサ過燐酸石灰鉱物質肥料骨粉主成分燐酸カルシウム筋フィラメントマグネシウム肥料天然系塗料

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石灰肥料の関連情報