コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石綿健康被害救済法 イシワタケンコウヒガイキュウサイホウ

デジタル大辞泉の解説

いしわたけんこうひがい‐きゅうさいほう〔いしわたケンカウヒガイキウサイハフ〕【石綿健康被害救済法】

《「石綿による健康被害の救済に関する法律」の通称》石綿が原因で、中皮腫肺癌などに罹患した患者やその遺族を救済する目的で制定された法律。医療費・療養手当・特別遺族弔慰金等の支給について定めている。平成18年(2006)施行。石綿新法

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

石綿健康被害救済法

労災補償の対象にならない工場の周辺住民や、時効で労災を申請できなかった人たちの救済のため、06年3月に施行された。中皮腫や、石綿が原因の肺がんで療養中の被害者に医療費(自己負担分)と手当▽施行前に死亡した人の遺族に特別遺族弔慰金、などが支給される。

(2008-03-29 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石綿健康被害救済法
いしわたけんこうひがいきゅうさいほう

正式名称は「石綿による健康被害の救済に関する法律」(平成18年法律第4号)であり、通称として「アスベスト救済法」ともよばれる。石綿(アスベスト)を吸入したことによる健康被害が社会問題となったことを受けて、環境省と厚生労働省の主導によって制定された法律。2006年(平成18)2月成立、同年3月施行。本法は、石綿による健康被害の特殊性にかんがみ、石綿による健康被害を受けた者およびその遺族に対し、医療費等を支給するための措置を講ずることにより、石綿による健康被害の迅速な救済を図ることを目的としている。
 仕事中に石綿に接触した労働者だけでなく、労働者が持ち帰った作業着等に付いた石綿を吸い込んだ家族なども、石綿によって病気になることがある。石綿による健康被害は、仕事により発症したときは労災補償の対象となるが、それ以外の被害者を迅速に救済するために、本法が制定された。この法律によって、労災補償の対象とならない周辺住民などに対して医療費等の「救済給付」が支給されるとともに、労災補償を受けずに亡くなった労働者の遺族に対して「特別遺族給付金」が支給されることとなった。救済給付の手続きは、独立行政法人環境再生保全機構が、日本国内において石綿を吸引することにより指定疾病にかかった旨の認定を行い、認定を受けた者に対して救済給付を支給する。特別遺族給付金は、石綿を原因とする中皮腫や肺がん等により亡くなった労働者の遺族を対象とし、労災保険の遺族補償給付を受ける権利が時効(5年)によって消滅した場合に支給される。
 法律制定当初は、石綿による健康被害で救済給付の対象となる指定疾病は、「中皮腫」および「気管支又は肺の悪性新生物」(肺癌(はいがん))であったが、2010年7月に本法施行令が改正され、指定疾病として「著しい呼吸機能障害を伴う石綿肺」と「著しい呼吸機能障害を伴うびまん性胸膜肥厚」が追加された。[田中 謙]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

石綿健康被害救済法の関連キーワード泉南アスベスト国賠訴訟クボタ・ショック広がる石綿被害労災補償

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石綿健康被害救済法の関連情報