コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砺波[市] となみ

2件 の用語解説(砺波[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

砺波[市]【となみ】

富山県西部,砺波平野中央部の市。1954年市制。庄川の扇状地上に展開する散村風景で有名。中心の出町は市場町として発達,城端(じょうはな)線,北陸自動車道が通じ,小矢部市との境付近で分岐する東海北陸自動車道が1992年開通。
→関連項目小矢部[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

となみ【砺波[市]】

富山県西部,砺波平野のほぼ中央部にある市。1954年市制。人口3万8531(1995)。庄川によって形成された大扇状地上に展開する散村景観によって著名である。古代から墾田が開かれ,江戸時代には加賀藩が庄川の流路変更の治水工事を行い,新田を開拓した。市街地の中心出町は1649年(慶安2)町立てされて以来市場町として発展し,位置的な利点から周辺農村の物資集散地としての役割を果たしてきた。市域の2/3は水田であるが,第2次大戦後急速に兼業化が進んで現在は100%近くに達している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

砺波[市]の関連キーワード小矢部川国中平野庄川城端砺波平野砺波山富山平野散居村砺波砺波の関

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone