コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁気余効 じきよこうmagnetic aftereffect

3件 の用語解説(磁気余効の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁気余効
じきよこう
magnetic aftereffect

強磁性体に加わる外部磁界を変化させたときに,磁化の変化が時間的な遅れを生じる現象。振動数 ω の交流磁場による交流磁化においても,磁化の位相の遅れとして現れ,エネルギー損失の原因となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じきよこう【磁気余効 magnetic aftereffects】

磁場の変化などによる強磁性体およびフェリ磁性体磁化の変化が時間的に遅れを示す現象のうち,それまでの磁気的な履歴を同じにし,同じ初期条件から出発すれば再現できるようなものをいう。強磁性体が金属であるときには渦電流にも同様の現象が生ずるが,これは磁気余効には含めない。交流で用いられるコイルの磁心などでは当然磁化の時間変化が重要な効果をもち,磁気余効もその意味で重要である。また永久磁石の磁化が反磁場のために時間の経過とともに減少するのも磁気余効である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone