コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神栖[町] かみす

2件 の用語解説(神栖[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

神栖[町]【かみす】

茨城県南東部,鹿島郡の旧町。1970年町制。鹿島灘利根川の支流常陸(ひたち)川の間の低地を占める。純農村地帯であったが,鹿島臨海工業地帯の造成で大きく変わり,石油化学,金属,食品などの工場が進出。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かみす【神栖[町]】

茨城県南東部,鹿島郡の町。1970年町制。人口4万4473(1995)。東を鹿島灘,西を外浪逆浦(そとなさかうら)にはさまれ,鹿島砂丘の北部を占める。町名は三社参りで知られる鹿島神宮の摂社息栖(いきす)神社と神之池(ごうのいけ)の名にちなむ。かつては麦,スイカなどの砂丘農業が行われていたが,昭和30年代に鹿島臨海工業地域の建設が始まると砂丘に掘込み式の鹿島港がつくられ,神之池の大部分が埋め立てられて,全国でも有数の石油化学コンビナートをもつ工業地区に変わり,人口も急増した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

神栖[町]の関連キーワード黒人問題鉄鋼業自動車工業朝鮮映画永堀剛敏RCA市民運動醸造業中南米映画電子工業

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone