コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神栖[町] かみす

百科事典マイペディアの解説

神栖[町]【かみす】

茨城県南東部,鹿島郡の旧町。1970年町制。鹿島灘利根川の支流常陸(ひたち)川の間の低地を占める。純農村地帯であったが,鹿島臨海工業地帯造成で大きく変わり,石油化学,金属,食品などの工場が進出。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かみす【神栖[町]】

茨城県南東部,鹿島郡の町。1970年町制。人口4万4473(1995)。東を鹿島灘,西を外浪逆浦(そとなさかうら)にはさまれ,鹿島砂丘の北部を占める。町名は三社参りで知られる鹿島神宮の摂社息栖(いきす)神社と神之池(ごうのいけ)の名にちなむ。かつては麦,スイカなどの砂丘農業が行われていたが,昭和30年代に鹿島臨海工業地域の建設が始まると砂丘に掘込み式の鹿島港がつくられ,神之池の大部分が埋め立てられて,全国でも有数の石油化学コンビナートをもつ工業地区に変わり,人口も急増した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

神栖[町]の関連キーワード黒人問題鉄鋼業アラバール多国籍企業野村芳太郎フー[各個指定]芸能部門アモン・デュールアルトマン(Robert Altman)イエメン共和国

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android