コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊松 とよまつ

2件 の用語解説(豊松の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊松
とよまつ

広島県東部,神石高原町東部の旧村域。吉備高原にあり,東部で岡山県に接する。 1897年上豊松村,下豊松村,中平村,有木村,笹尾村の5村が合体して豊松村が成立。 2004年油木町,神石町,三和町と合体して神石高原町となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊松
とよまつ

広島県東部、神石(じんせき)郡にあった村(豊松村(そん))。現在は神石高原町の東部を占める地区。旧豊松村は、吉備(きび)高原の西端神石高原にあり、岡山県に接する。1897年(明治30)上豊松、下豊松、中平(なかひら)、有木(ありき)、笹尾(ささお)の5村が合併して成立。2004年(平成16)、油木(ゆき)町、神石町、三和(さんわ)町と合併し、神石高原町となる。JR山陽本線福山駅からバスの便がある。町の大半は山地で、米作のほか、トマト・コンニャク栽培、和牛の飼育などを行う。近郷8か村の総鎮守鶴ヶ岡八幡(つるがおかはちまん)の秋祭の神楽(かぐら)は県指定無形民俗文化財(1990年、村内の神楽を包括し「豊松の神楽」として改めて県の無形民俗文化財に指定)。また、(ふたごやま)公園の豊松文化財収蔵庫には備中(びっちゅう)・備後(びんご)の民間信仰を知るうえで貴重な信仰用具(国指定重要有形民俗文化財)が保存される。隣接する歴史民俗資料館にも民具が数多く展示されている。[北川建次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

豊松の関連情報