神経ガス(読み)シンケイガス

百科事典マイペディアの解説

神経ガス【しんけいガス】

有毒な有機リン酸化合物を含む毒ガスで,交感神経系と副交感神経系の均衡を失わせる作用をもつ化学兵器。1937年ドイツのシュレーダーが発見,第2次大戦で大量に製造,アウシュビッツなど強制収容所で使用され,ジャーマンガス(略してGガス)と呼ばれた。タブン,サリン,ソマンの3種が知られるほか,戦後英国で開発されたVXと呼ばれるものがある。通常,無色・無臭の液体または気体で,効力は在来の毒ガスの数十倍といわれ,皮膚,粘膜から微量を吸収すれば十数分以内に死亡する。日本ではオウム真理教事件をきっかけに1995年〈サリン等による人身被害の防止に関する法律〉(サリン特別法)が成立,上記すべての化合物は規制の対象となった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しんけいガス【神経ガス】

毒ガスの一。有機リン系化合物で、パラチオンなどと同じく、神経伝達物質に関する酵素の働きを阻害し、筋肉を麻痺させて窒息死させる。タブン・サリン・ソマンなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神経ガス
しんけいがす
nerve gas

毒ガスの一種。現在各国において正式に化学兵器として採用され、農作物害虫駆除剤として開発された有機リン系毒物の系統である。吸入、経口摂取の場合のみならず、皮膚に付着しても浸透して神経細胞と突起の接合部に至り、化学伝達物質アセチルコリンの分解酵素の作用を阻害して呼吸筋など重要機能を麻痺(まひ)させる。VXは36ミリグラムを1000分の1秒作用させると殺人効果を示し、BG(サリン)100ミリグラムに匹敵すると計算される。[和気 朗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神経ガスの関連情報