神階(読み)シンカイ

世界大百科事典 第2版の解説

しんかい【神階】

神社の祭神に奉った位階のこと。神位ともいう。令には規定はないが,品位(ほんい),位階,勲位の3種があり,品位は正史としては《続日本紀》に749年(天平勝宝1)12月東大寺大仏建立の功により,宇佐八幡大神に一品,比咩(ひめ)神に二品を奉ったとあるのが初めで,四品以上4階ある。位階は,同書766年(天平神護2)に伊予国の伊曾乃神など4神に奉ったとあるもの,勲位は同書771年(宝亀2)10月,越前国の劔神に食封,田をあてた条に従四位下勲六等とあるのが初見。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神階
しんかい

神々に授けた位階。神位ともいう。王臣の位階と同じ表記をするが、位田(いでん)はほとんど付与されていない。神階は品位(ほんい)、位階、勲位(くんい)の別があり、品位は四品(しほん)から一品(いっぽん)に至る四階、位階は正六位上から正一位に至る15階、勲位は勲十二等から勲一等に至る12階に分けられ、特別の祈願・効験あるごとに授けられた。746年(天平18)宇佐(うさ)(大分県宇佐市)の八幡(はちまん)大神に三位(さんみ)を授け、749年(天平勝宝1)同神に一品、比売(ひめ)神に二品を授けた例を初見とする。勲位は771年(宝亀2)越前(えちぜん)国(福井県)の剣神(つるぎのかみ)に勲五等を授けたのが早い例である。平安初期には盛んに神階叙位が行われたが、鎌倉初期にほとんどの神々が正一位まで昇叙(しょうじょ)し、その制度の実効は失われていった。中世末期からは吉田神道(しんとう)を創唱した吉田家の扱うところとなり、宗源宣旨(そうげんせんじ)と称する私文書の証状が発行された。[岡田荘司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android