コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神風連の乱 じんぷうれんのらん

5件 の用語解説(神風連の乱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神風連の乱
じんぷうれんのらん

敬神党の乱ともいう。 1876年熊本で起った士族の反乱。この年,金禄公債条例が発行されて士族の経済的没落が特に顕著となり,士族層の間に明治新政府に対する不満がみなぎっていた。鎖国攘夷を依然主張する敬神党は,かねてから新政府の洋化政策に激しい憤りをいだいていたが,1876年3月の廃刀令の発布に端を発し,同年 10月党首領太田黒伴雄らが決起し,百数十人に上る武装集団をもって熊本鎮台司令長官種田政明,県令安岡良亮らを斬殺したが,翌日鎮台兵により鎮圧された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しんぷうれん‐の‐らん【神風連の乱】

《「しんぷうれん」は「じんぷうれん」とも》明治9年(1876)10月、熊本に起こった反政府暴動。新政府の開明政策に不満を抱く旧士族太田黒伴雄らが結成した政治団体の神風連(敬神党)が、国粋主義を掲げて鎮台・県庁を襲撃、まもなく鎮圧された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

神風連の乱【しんぷうれんのらん】

敬神(けいしん)党の乱とも。明治初期の不平士族の反乱。かねて神風連(敬神党)に結集していた復古的攘夷主義の旧熊本士族170名余が,1876年太田黒伴雄(おおたぐろともお)(大野鉄兵)らに率いられ政府の開明政策,特に廃刀令に反対して蜂起(ほうき)した。
→関連項目大木喬任西南戦争前原一誠

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しんぷうれんのらん【神風連の乱】

1876年熊本で起こった保守的士族の明治政府への反乱。敬神党の乱ともいう。敬神党(神風連)は1872年(明治5)ころ,太田黒伴雄(大野鉄平)や加屋霽堅はるかた)らが熊本に組織したもので,彼らは保守的・国粋主義的立場から明治政府の開明政策に反対し,腰に長剣を帯び,頭に髻(もとどり)を束ね,烏帽子をかぶり,神道を尊崇し,外人を嫌忌し,復古的排外主義を主張した。この地には池辺吉十郎らの国権党や宮崎八郎に代表される民権党もあり,主義主張は異にしていたが,共に反政府の立場をとっていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神風連の乱
しんぷうれんのらん

1876年(明治9)10月24日、政府の開明政策に反対して熊本で蜂起(ほうき)した保守派士族の反乱。士族反乱の一つ。神風連(敬神党ともいう)は、1872年肥後(ひご)勤王党から保守派・攘夷(じょうい)主義者が分かれて結成され、以後神慮(ウケヒという)によって行動を決し、反政府蜂起の機をうかがっていたが、76年3月廃刀令(帯刀禁止令)が発せられるに及んで党内は激高し、ついに同年10月24日決起の神慮を得た。この日未明、太田黒伴雄(おおたぐろともお)、加屋霽堅(かやはるかた)を中心に170余名が熊本鎮台、県令宅、県民会議議長宅などを襲い、鎮台司令官種田政明、県令安岡良亮(よしすけ)などを殺害した。しかし鎮台兵の反撃にあい、太田黒、加屋らは戦死、86名は金峰山(きんぽうざん)頂で自刃し、残りは捕縛されて、翌25日に乱は鎮定された。[猪飼隆明]
『黒龍会編・刊『西南記伝 上巻2』(1908) ▽石原醜男著『神風連血涙史』(1935・大日社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の神風連の乱の言及

【大木喬任】より

…70年民部大輔,71年民部卿,のち初代文部卿となり近代教育制度の基礎を築いた学制の発布に尽力し,また教部卿を兼任した。73年参議となり征韓論に反対し,大久保利通政権では参議兼司法卿として活躍,76年の萩の乱,神風連の乱後現地で処刑を指揮した。80年参議専任となるが,81年明治14年の政変以後ふたたび兼任,以後文部卿,元老院議長,枢密院議長(2度),山県有朋内閣の法相,第1次松方正義内閣の文相を歴任。…

【太田黒伴雄】より

…国学者林桜園に学び,〈わが古俗を尊び,欧風日々に我国に伝承せらるるを不快〉として,73年ごろ神道主義的保守政治をめざし神風連(敬神党)を組織。76年佩刀(はいとう)禁止令に反対して,10月24日同志170余名と熊本に挙兵(神風連の乱),鎮台司令官,県令を斬ったが,みずからも傷を負い同志数人と自刃した。【後藤 靖】。…

※「神風連の乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

神風連の乱の関連キーワード秋月の乱コンサバティブ士族の商法士族反乱保守的ローマで起こった奇妙な出来事磯淳田代正道吉海良作保守的福音主義

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神風連の乱の関連情報