秋月の乱(読み)あきづきのらん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋月の乱
あきづきのらん

1876年 10月 26日,福岡県下で旧秋月藩士らが開明政策を掲げる新政府に対して起した反乱。主謀者は宮崎車之助ら二百数十人。熊本神風連の乱に続いて,攘夷主義を旗印に蜂起し,萩の前原一誠と連絡をとりつつ,付近の士族に参加を呼びかけたが,進撃なかばにして 11月3日,豊津で,小倉鎮台の政府軍により鎮圧され一味は処刑された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あきづき‐の‐らん【秋月の乱】

明治9年(1876)10月、旧秋月藩士、宮崎車之助(みやざきしゃのすけ)らが起こした反乱。政府の対韓政策を批判して、熊本の神風連(じんぷうれん)の乱に呼応して挙兵したが、小倉鎮台兵に鎮圧された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

秋月の乱【あきづきのらん】

福岡県秋月(現在の朝倉市)で起こった不平士族の反乱。1876年旧秋月藩士族今村百八郎(ひゃくはちろう),宮崎車之助ら二百数十名が,熊本神風連の挙兵(神風連の乱)を機に豊津に進撃,萩の乱の前原軍と合流しようとして,小倉鎮台兵に鎮定された。→征韓論
→関連項目士族反乱西南戦争前原一誠

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あきづきのらん【秋月の乱】

1876年,福岡県秋月でおこった士族反乱。同年の熊本・神風連の乱,前原一誠の萩の乱とともに,明治政府の政策に保守士族の立場からなされた抵抗のひとつ。秋月党の主張は主として国権の拡張にあり,とくに〈征韓〉問題に対する政府の処置に反対した。福岡県士族(旧秋月藩士)宮崎車之助,今村百八郎(宮崎の実弟),磯淳らは,神風連の挙兵(10月24日)を知り,10月27日,約250名(400名とも500名ともいう)で立ち上がり,豊前豊津に入り,旧小倉の士族を強誘して萩の前原軍(10月28日挙兵)と合流を企図した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あきづきのらん【秋月の乱】

1876年(明治9)10月26日秋月に起こった士族の反乱。旧秋月藩士宮崎車之助(1839~1876)・今村百八郎(1842~1876)らが、神風連の乱に呼応して挙兵したが、小倉鎮台の兵に翌月3日鎮圧された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋月の乱
あきづきのらん

1876年(明治9)10月26日から11月3日にかけて福岡県秋月(朝倉(あさくら)市)に起こった士族の反乱。旧秋月藩士宮崎車之助(みやざきしゃのすけ)、磯淳(いそじゅん)、今村百八郎(いまむらひゃくはちろう)らは、かねてから国権拡張を主張して政府の諸政策に反対し、熊本の敬神(けいしん)党や山口県萩(はぎ)の前原一誠(まえはらいっせい)らと連携していた。1876年10月、敬神党の暴発(神風連(しんぷうれん)の乱)に接するや、宮崎ら士族二百数十名は、萩の前原らに合流しようとして兵を豊津(とよつ)(みやこ町)に進めた。しかし小倉(こくら)鎮台兵の奇襲にあい、英彦山(ひこさん)山中に退却、宮崎、磯らは解散を主張して自害し、今村ら50~60名はなおも秋月地方に転戦し、多くは捕らえられた。1873年(明治6)の征韓論争の破裂(明治六年の政変)以後、有司(ゆうし)専制に反対して各地で激発した士族反乱の一つである。[猪飼隆明]
『『西南記伝 上巻2』(1908・黒龍会本部) ▽後藤靖著『士族反乱の研究』(1967・青木書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あきづき‐の‐らん【秋月の乱】

明治九年(一八七六)福岡県秋月で起こった不平士族の反乱。旧秋月藩士磯淳、宮崎車之助、今村百八郎らが、神風連、萩の乱に呼応して挙兵したが、小倉鎮台により八日目に平定された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android