コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清規 しんぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清規
しんぎ

仏教用語。本来清らかな規則という意味。禅宗道場修行僧たちが守るべき日常生活の規則。中国の百丈懐海の『百丈清規』が始りといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

清規【しんぎ】

清衆(寺の修行僧)の日分,月分,年分の生活規則。仏教一般でいう戒律に当たる。唐の懐海(えかい)が制定した《百丈清規》に始まる。後に散逸したので,北宋の宗煕(そうき)がその見聞を集めて《禅苑清規》(単に清規とも)を作った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんぎ【清規 qīng guī】

中国仏教の用語。教団の機構や日常生活について規定したもの。清衆,すなわち清浄大衆の規式の意。唐代,百丈懐海の創始という。インド仏教は,比丘の生活資財を乞食に求めて,生産や蓄財を禁じ,これを戒律に定めた。風俗習慣の異なる中国社会で,文字どおりの戒律の実行は不可能である。中国仏教の実情に即して,自給自足を原則とする新しい禅院規範が要求された。百丈は大衆とともに率先労働し,これを普請と名づける。〈一日作(な)さずんば,一日食わず〉とは,彼の自戒の句であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんぎ【清規】

〔清浄な規則の意〕
禅宗で、寺院での生活について定めた規則。これにならって浄土真宗・日蓮宗でも作られた。

せいき【清規】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清規
しんぎ

禅宗叢林(そうりん)で清衆(せいしゅ)(修行者)が実践する修道生活の規範をいう。中国唐の百丈懐海(ひゃくじょうえかい)(749―814)が大小乗の戒律や中国の礼俗を参考にして設けた『百丈清規』に始まる。これは早く散逸して伝わっていないが、燈史(とうし)(禅宗の伝統)や語録(禅者独自の法問)の成立と呼応して禅宗の確立を表す道標として重要視されるとともに、仏教の戒律史上に大乗精神を積極的に実践する規律として、また中国仏教の現実的課題にこたえるものとして、さらには礼楽の極致を実現するものとして評価されている。宋(そう)代に長廬宗(ちょうろそうさく)が『禅苑清規(ぜんえんしんぎ)』(1103)を編述して再興し、以後これを指標に中国・日本の禅院でおのおのに適合した清規が次々と制定されることになった。[小坂機融]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の清規の言及

【禅】より

…語録は,経論の訓詁や,体系の書とは異なる,一人一人の個性の記録である。さらに,祖師禅はインド伝来の戒律に代わって,清規(しんぎ)とよばれる新しい僧院の集団規則を生む。馬祖につぐ百丈懐海(ひやくじようえかい)の創意である。…

【禅宗寺院建築】より

…京都と鎌倉に五山十刹(じつせつ)の制ができ,諸山の格などが整って全国に禅宗寺院が普及すると,特に臨済宗では一定の原則で建立されるものが多くなった。禅宗の理想として南宋五山の伽藍と自然環境の境致を模し,僧の生活も宋の禅宗のきまりである〈清規(しんぎ)〉を守ろうとしたのである。そこで禅宗文化は教義や戒律のみでなく,生活文化や芸術活動をふくむ総合体系として取り入れられ,その場を形成する要素として禅宗建築形式は後々まで遵守された。…

※「清規」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

清規の関連キーワード黄檗清規・黄蘗清規勅修百丈清規普勧坐禅儀面山瑞方普済善救和敬清寂古鏡明千月舟宗胡雲章一慶無著道忠浄土真宗隠元隆琦明本中峯瑩山紹瑾典座教訓清拙正澄永平清規百丈山きぶい日蓮宗

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android