コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄檗美術 おうばくびじゅつ

世界大百科事典 第2版の解説

おうばくびじゅつ【黄檗美術】

江戸初期の黄檗宗の渡来は,当時最新の中国文化を日本に紹介するうえで大きな役割を果たしたが,美術の分野でもその足跡は建築,彫刻,絵画,書,工芸の各分野に及んでいる。建築ではまず,長崎の居留民のために崇福寺,福済寺,興福寺などがつくられた。崇福寺の第一峰門(1644),大雄宝殿(1646)がその代表的遺構であり,渡来工人による明代の寺院建築の意匠,彩色が強い異国風を感じさせる。黄檗寺院はさらに僧隠元が,幕府の庇護のもと,宇治の万福寺を創建(1661)したことにより,京都にも伝わった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黄檗美術
おうばくびじゅつ

江戸時代初期明(みん)の僧がもたらした黄檗宗関係の美術、およびその影響を強く受けた美術を一括していう。江戸時代の初め、長崎には明末の動乱を避けて渡来する中国人が多く、なかに僧侶(そうりょ)、学者あるいは画家がおり、帰化僧を開基として、興福寺(こうふくじ)、福済寺(ふくさいじ)、崇福寺(そうふくじ)などがこの地に建立された。そのころ中国の黄檗山にあって名声の高かった隠元隆(いんげんりゅうき)は1654年(承応3)迎えられて長崎に渡来し、江戸に下って幕府に寺院建立の許可を得、寺地を相して宇治に黄檗山万福寺(まんぷくじ)を創立したのが61年(寛文1)のことである。
 隠元は万福寺建立にあたって中国から多くの工人を招いた。同寺天王殿の布袋和尚(ほていおしょう)像、韋駄天(いだてん)像や大雄宝殿の十八羅漢(らかん)像の作者范道生(はんどうせい)もその一人で、当時の明代彫像の様相を帯びた作風はわが国の禅宗寺院にも影響を及ぼした。また隠元はじめその後継者木庵(もくあん)、即非(そくひ)ら黄檗僧は明の書風を伝え、江戸唐様(からよう)繁栄の機運を盛り上げた。この一派を黄檗派とよぶ。また渡来した黄檗僧のなかに絵をよくする者もいた。逸然(いつねん)もその一人で、修禅のかたわら仏像、人物などを描き、明・清(しん)写生画の系統を引く新しい画風は当時の日本の画界に新風を吹き込み、その門下から河村若之(じゃくし)、渡辺秀石(しゅうせき)らが出て、長崎を中心として受け継がれていき、この一派を長崎派とよんでいる。
 逸然の南画風な水墨画とは別に、ヨーロッパ絵画の技法を取り入れた非常に特色のある画風もあった。隠元の師、密雲円悟(みつうんえんご)や費隠通容(ひいんつうよう)の肖像画を制作した楊道貞(ようどうてい)はその代表的な画家といえる。この派の肖像は、いずれも正面を向き、顔を細部まで写実的に描いて陰影をつけたもので、中国、日本ではいままでみられない特色を示している。この画風は黄檗僧の肖像画として代々受け継がれ、作者として喜多宗雲(きたそううん)(17世紀なかばごろ)、喜多元規(げんき)(17世紀後半)らがあげられる。[永井信一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の黄檗美術の言及

【江戸時代美術】より

…仁清の色絵は尾形乾山によって瀟洒の度を加えて継承されている。 この間,1654年(承応3),僧隠元が弟子とともに来日し,幕府の庇護を得て61年(寛文1)宇治に万福寺を建立,黄檗(おうばく)宗の拠点としたことは,明代末期の仏教美術を日本に伝える上での契機となった(黄檗美術)。万福寺では渡来仏師范道生により新奇な仏像が制作され,日本の仏師らにも影響を与えた。…

※「黄檗美術」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黄檗美術の関連キーワード万福寺(京都府)禅宗美術仏教美術長崎派

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android