福生(市)(読み)ふっさ

  • 福生

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東京都西部、多摩川の左岸にある市。1970年(昭和45)市制施行。地名の由来は明らかでないが、古寺の福生山清岩(せいがん)院(福生)、玉応山福生院(熊川)の名とかかわりがあるという。多摩川沿岸の低地を除く大部分が武蔵野(むさしの)台地で、多摩川に向かって三段の段丘面がある。JR八高(はちこう)線、青梅(おうめ)線が通り、拝島駅(はいじまえき)から五日市(いつかいち)線が分岐、西武拝島線が通じる。また国道16号が南北に通る。1653年(承応2)玉川上水が開削され、台地は養蚕を中心とし、低地は水田に従う農村であった。1940年(昭和15)台地に陸軍が飛行場を開設、第二次世界大戦後はアメリカ軍横田基地となり、基地の町として発展した。さらに1960年代、東京の住宅地として人口が急増した。横田基地に併行する国道16号沿いに異国風の商店街があり、福生駅付近に大型店が立地する。牛浜駅の西方、玉川上水と多摩川の間にある石浜の渡し跡は、1352年(正平7・文和1)新田義貞(にったよしさだ)が足利尊氏(あしかがたかうじ)を破った戦場跡とする説がある。南端の睦(むつみ)橋近くに江戸時代の名主家の酒醸造元がある。面積10.16平方キロメートル、人口5万8395(2015)。

[沢田 清]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福生(市)の関連情報