秋色(読み)シュウショク

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐しょく〔シウ‐〕【秋色】

秋の景の気配。秋らしい趣。 秋》

あき‐いろ【秋色】

秋らしい色。葡萄(ぶどう)色や(かき)色など、秋を連想させる色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋色
しゅうしき
(1669―1725)

江戸中期の流俳人。姓は小川か。名はあき。別号菊后亭(きくごてい)。江戸の人。生家は老舗(しにせ)の菓子屋。結婚して古手屋(古着・古物商)、けんどん屋(一膳飯屋(いちぜんめしや))を営み、晩年には俳諧(はいかい)の点者(作品に評点を加えて謝礼をとる人)として生活をたてた。夫も俳諧をたしなみ、夫婦ともに其角(きかく)に学んだ。13歳のとき上野清水堂(きよみずどう)裏の桜を見て、「井戸端の桜あぶなし酒の酔」と詠んだといわれ、その桜は秋色桜とよばれている。長男、次男もそれぞれ林鳥(りんちょう)、紫万(しまん)と号して俳諧をたしなんだ。享保(きょうほう)10年4月15日没。
 雉子(きじ)の尾のやさしくさはる菫(すみれ)かな[山下一海]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅう‐しょく シウ‥【秋色】

〘名〙 秋のけはい。秋のようす。また、秋のけしき。《・秋》
※経国集(827)一四・奉和太上天皇秋日作〈滋野貞主〉「寒声初落樹、秋色欲毫」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「満眸の秋色蕭条として却々(なかなか)春のきほひに似るべくも無いが」 〔賈島‐送耿処士詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秋色の関連情報