コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秩父銘仙 チチブメイセン

3件 の用語解説(秩父銘仙の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちちぶ‐めいせん【秩父銘仙】

秩父地方産の銘仙玉糸を用い、丈夫で布団地・衣服地などに用いられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちちぶめいせん【秩父銘仙】

秩父地方から産した銘仙。玉糸を用いた地合いが緻密で、丈夫で実用的なもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秩父銘仙
ちちぶめいせん

埼玉県秩父市付近一帯で生産された銘仙。この秩父盆地は自然的環境に恵まれていたため、古くから農家の副業として太織縞(ふとおりじま)が生産され、絹市を通して郡市への販売がなされていた。これが秩父織物として著名になったのは明治初期で、秩父縞・絣(かすり)の生産から、大正期になると、玉糸のじょうぶさと染色の堅牢(けんろう)性が強い秩父銘仙が好評を得て、1935年(昭和10)のピークまで発展を続けた。銘仙は初め男物だけであったが、最盛期には70%近くまで女物の製品で占めるようになり、小柄から大柄まで品種は非常に豊富となった。発展の理由は、解(ほぐ)し捺染(なっせん)(整経ののち製織するまでに捺染し模様を表すもの)が銘仙に応用され、解し銘仙、模様銘仙として大衆化されたことであった。最近では合繊への転換がみられ、秩父銘仙の本格的な生産は1958年(昭和33)に行われなくなった。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秩父銘仙の関連キーワード伊勢崎銘仙新銘仙玉糸玉絹秩父秩父青石秩父絹秩父三十三所秩父縞綿銘仙

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秩父銘仙の関連情報