優駿(読み)ユウシュン

デジタル大辞泉「優駿」の解説

ゆうしゅん【優駿】[書名]

宮本輝小説。昭和57年(1982)から昭和61年(1986)にかけて、「小説新潮スペシャル」「新潮に断続的に連載単行本は昭和61年(1986)、上下2巻で刊行。第21回吉川英治文学賞を当時の史上最年少(40歳)で受賞したほか、JRA賞馬事文化賞を受賞。杉田成道監督により映画化

ゆう‐しゅん〔イウ‐〕【優×駿】

特別にすぐれた競走馬
[補説]書名別項。→優駿
[類語]牡馬ぼば牝馬ひんば子馬小馬若駒名馬麒麟駿馬駄馬駑馬どば白馬青馬軍馬競走馬馬車馬輓馬ばんば引き馬裸馬放れ馬暴れ馬荒馬奔馬種馬当て馬驢馬ろば騾馬らば

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「優駿」の解説

ゆう‐しゅん イウ‥【優駿】

〘名〙 特にすぐれた競走用の馬。
※話の屑籠〈菊池寛〉昭和六年(1931)六月「其の出来た子が優駿だったので、種牡馬の素質を認められた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android