引馬(読み)ひきうま

精選版 日本国語大辞典「引馬」の解説

ひき‐うま【引馬】

〘名〙
① 貴人または大名などの外出の行列で、鞍覆(くらおおい)をかけて美しく飾り、装飾として連れて行く馬。
吾妻鏡‐元暦二年(1185)五月一七日「能盛引馬、踏基清之所従
② 馬に乗らずに引いて行くこと。また、その馬。
日葡辞書(1603‐04)「ムチ。〈略〉 fiqi(ヒキ) vmani(ウマニ)ムチヲ ススメテ セキ ヤマヲ ウチコエヌ」
遊郭などで、遊興費が払えないで、客が、その金を取り立てる人を伴って行くこと。
※雑俳・柳多留‐三五(1806)「引馬で大門を出るけちな客」
葬式の際に、に提供するために引いて行く馬(日葡辞書(1603‐04))。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「引馬」の解説

ひき‐うま【引(き)馬】

大名・貴人などの行列で、鞍覆くらおおいをかけ、飾りたてて連れ歩く馬。
遊郭などで、客が遊興費を払えず、取り立てにつけられた人を伴って行くこと。「付け馬」を客の側からいう語。
[類語]牡馬ぼば牝馬ひんば子馬小馬若駒名馬麒麟駿馬優駿駄馬駑馬どば白馬青馬軍馬競走馬馬車馬輓馬ばんば裸馬放れ馬暴れ馬荒馬奔馬種馬当て馬驢馬ろば騾馬らば

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android