コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引(き)馬 ヒキウマ

デジタル大辞泉の解説

ひき‐うま【引(き)馬】

大名・貴人などの行列で、鞍覆(くらおおい)をかけ、飾りたてて連れ歩く馬。
遊郭などで、客が遊興費を払えず、取り立てにつけられた人を伴って行くこと。「付け馬」を客の側からいう語。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

引(き)馬の関連キーワード愛知県豊川市御津町御馬御津(愛知県)長奥麻呂徳川家康松平信康浜松城おおい長奥麿引馬野榛原貴人引間

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android