引馬(読み)ヒキウマ

デジタル大辞泉の解説

大名・貴人などの行列で、鞍覆(くらおおい)をかけ、飾りたてて連れ歩く馬。
遊郭などで、客が遊興費を払えず、取り立てにつけられた人を伴って行くこと。「付け」を客の側からいう語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 貴人または大名などの外出の行列で、鞍覆(くらおおい)をかけて美しく飾り、装飾として連れて行く馬。
※吾妻鏡‐元暦二年(1185)五月一七日「能盛引馬、踏基清之所従
② 馬に乗らずに引いて行くこと。また、その馬。
※日葡辞書(1603‐04)「ムチ。〈略〉 fiqi(ヒキ) vmani(ウマニ)ムチヲ ススメテ セキ ヤマヲ ウチコエヌ」
③ 遊郭などで、遊興費が払えないで、客が、その金を取り立てる人を伴って行くこと。
※雑俳・柳多留‐三五(1806)「引馬で大門を出るけちな客」
④ 葬式の際に、僧に提供するために引いて行く馬(日葡辞書(1603‐04))。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

引馬の関連情報